母の友 2020年5月号「もう休もう 眠りと夢の大事な役割」

母の友 2020年5月号「もう休もう 眠りと夢の大事な役割」

残り1点

¥580 税込

送料についてはこちら

子どもと楽しく生きるヒントを教えてくれる「母の友」。 忙しい日々の中でもほっと一息つきながら読める、気軽な育児雑誌です。 毎号の特集と連載に、子育てのあれこれや物語の楽しみが詰まっています。 広告やタイアップページがないので、確かな情報が得られます。 ~公式情報より~ 「母の友」2020年5月号 目次 ●特集 「もう休もう 眠りと夢の大事な役割」 夜、眠る。たまに夢を見る。朝起きると多少疲れがとれている―。 この当たり前のことがなかなかできないのが子育ての時期です。 赤ちゃんは昼夜を問わず授乳を必要としますから、夜、しっかりと眠ることができなくなります。 子どもが少し大きくなって、はあ、やっと眠れる、と思ったら、今度はその子が「まだ寝たくない!」と言って起きている……。 たまってしまった仕事や家事を睡眠時間を削ってこなすことも……。 「眠いし、しんどいけど……世界中のみんながこうして子育てをがんばっているのだから、私も……」と思っていませんか? 実は、今、日本人の睡眠時間は世界で最も短いのだとか? そしてそれに伴う心配なことも起き始めているそうなのです。 なぜ日本人は寝ないのでしょう? そして、眠らないと何が起きる? こんげつは、睡眠と夢が心と体におよぼす効果を探ります。 そして、すんなり眠りに入るためのヒントも! ・世界一寝ていないのは……? 眠るためのヒント 大川匡子 ・眠りの絵本 護得久えみ子 ・夢の話をしようじゃないか 松田英子 ・あの頃のわたしに言ってあげたいこと 村井理子 ●フォト・エッセイ 「動物園で見つめる先に、」 黑田菜月 ●絵本の作家の本棚 鎌田歩 ●カラーページ ・こどものひろば 工藤直子 選 / 繁延あづさ 写真 ・母の友エッセイ 酒井駒子「ジロキチのこと 2」 ・日曜日のはじめちゃん 【まだ早い?】【サボテン】 クリハラタカシ ・野口真紀のおいしい絵本レシピ 『はらぺこさん』のコロッケ ・本屋さんに行こう 東京・文京区「こどもの本屋 てんしん書房」 ・子どもの本の図書館から 『せきたんやのくまさん』 護得久えみ子  ・園めぐり、今日のおやつなんだろな? 「青のりさつまいもケーキ」 ●読んであげるお話のページ 「きりかぶおじいちゃん」いしだえつ子 文 北村人 絵 ●母の友の連載 / polyphony ・わたしのBGM まるやまあやこ 文・絵 ・赤ちゃんのみかた「何枚着せる?」 岡いくよ ・人生相談ふう漫画「答えがほしいわけじゃないの」 関根美有 ・母の風景 5月「親子という『別人』」 東 直子 ・園の子どもたち 「タネとマメはどこが違うの?」 鈴木八朗 ・かずをはぐくむ 「曖昧さへの道」 森田真生 ・父の友 平田オリザ3 「二歳になったとほ君へ」  ・カヨと私「胸が痛い」 内澤旬子 ・生存ちゅう!「カナダに出張ちゅう 後編」 大野更紗 ・たぶん、なんとかなるでしょう。「食べますか? 食べたいなあ」 堀川 真 ・子どもを見つめるシゴト 子ども用文具の開発 北野嘉久 ・みんなの小児科 「中耳炎」 飯泉哲哉 ・心も体も大切に 東洋医学のお話 「5月病、ゴールデンウィーク明けの不調」 大谷かほり ・映画「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」 金原由佳 ・本『ありのままがあるところ』他 富永京子他 ●おとなのひろば ・てがみでこんにちは ・編集だより